So-net無料ブログ作成
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ
前の10件 | -

<ストーカー容疑>ノエビア元副社長を再逮捕 脅迫容疑でも(毎日新聞)

 交際していた女性に嫌がらせメールを送ったとして兵庫県警は23日、大手化粧品会社「ノエビア」(神戸市)元副社長、大倉尚容疑者(43)=同=をストーカー規制法違反や脅迫などの容疑で再逮捕した。

 容疑は、20代女性から別れを告げられたことに立腹、女性が結婚した後の昨年10月2日〜11月21日ごろ、「交際していた時の写真をばらまく」「会いたい」などのメールのほか、女性の行動を監視している内容のメール約100通を送ったとしている。メールは会社や出張先などから送っていたという。

 神戸地検は23日、女性の夫に嫌がらせメールを送ったとして、大倉容疑者をストーカー規制法違反と脅迫罪で起訴した。【内田幸一、吉川雄策】

【関連ニュース】
ストーカー容疑:ノエビア元副社長再逮捕へ 交際女性にも
石巻2人刺殺:宮城県警がDVとストーカー被害再度検証へ
石巻2人刺殺:被害者、トラブルを「何度も警察に相談」
ストーカー:ノエビア副社長を容疑で逮捕 兵庫県警
宮城・石巻の2女性刺殺:県警本部長、DV被害再検証

上戸彩さんがドン!圏央道開通記念イベント(読売新聞)
現場の目線に立った医療行政を―レセオンライン訴訟が終息(医療介護CBニュース)
「ローリング族」助長の不正改造、車整備2社を捜索 兵庫県警(産経新聞)
再編にらみ 自民に火種 攻勢も支持回復つながらず…(産経新聞)
<羽田空港>ロビーに人あふれる…濃霧で欠航相次ぐ(毎日新聞)

神戸高専で生徒飛び降り、自殺か 期末試験の答案返却日(産経新聞)

 25日午前9時10分ごろ、神戸市西区学園東町の同市立神戸高専で、一般科棟校舎(6階建て)付近の路上に、機械工学科4年の男子生徒が倒れているのを学校関係者が発見し、119番した。男子生徒は病院へ搬送されたが、間もなく死亡が確認した。神戸西署によると、6階の渡り廊下に本人のものと思われるリュックが置かれていたといい、同署は男子生徒が飛び降り自殺を図った可能性があるとみて調べている。

 同校によると、24日まで期末試験が行われており、この日は答案が返却されるため生徒が登校していたという。

【関連記事】
群馬県立全高に“裏サイト” 県教委調査中間報告
小中学生の「暴力」最多格差社会 ゆがむ家庭教育
死亡男性は高1、鉄塔から飛び降り自殺か 兵庫・丹波
女子高生自殺、両親「いじめ原因」 「真実知りたい」と山形県提訴
山形の女子高生飛び降り、いじめ自殺と両親が県提訴

<千葉大生殺害>「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認(毎日新聞)
日本製品への信頼に響く=岡田外相(時事通信)
マック偽造優待券一千万円分、重くてバレた(読売新聞)
園部元判事証言、参政権推進派には大きな打撃(産経新聞)
元Jリーガー茂原容疑者、強制わいせつ…3度目逮捕(スポーツ報知)

無登録でモンゴルファンド販売容疑(産経新聞)

 モンゴルへの投資ファンドを無登録で販売したとして、警視庁生活経済課は19日、金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで、投資顧問会社「東京プリンシパル・セキュリティーズ・ホールディング」(東京都江戸川区)の関係先二十数カ所を家宅捜索した。同課によると、高齢者を中心に約100人から5億円以上を集めたとみられる。

中部空港でシンガポール機トラブル、滑走路一時閉鎖(読売新聞)
<県民所得>全国平均305万9千円 格差は249万1千円(毎日新聞)
<玄関ドアポスト>「YKK AP」製で重傷事故(毎日新聞)
金剛峯寺新法印に田島大僧正(産経新聞)
500系のぞみラストラン、「撮り鉄」対策で警備強化 28日にJR(産経新聞)

【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(下)事業は国家社会への貢献(産経新聞)

 終戦を迎え、日本へ乗り込んできたGHQ(連合国軍総司令部)は、占領政策の名のもとに、三菱や三井、住友といった大財閥に自発的解体を突きつけた。日本経済の壊滅を狙った、いわゆる、財閥解体である。

 GHQが大号令を発する少し前、東京・湯島にある岩崎家本邸。明治29(1896)年に建築された優美な洋館では、三菱創始者である岩崎弥太郎の息子で三代目社長、久弥と四代目社長、小弥太が膝を突き合わせていた。いとこ同士で、共に欧米へ留学経験を持つ2人の目には、日本の敗色が濃厚だった。国が負けたら、国に協力してきた三菱はどうなるのか。いや、どうするのか。

 岩崎家は、自発的解体を拒否する決断をする。「三菱は国家・社会に対し不信行為を行ったことはなく、国策に従い、国民としてなすべき当然の義務を果たしたのであって、顧みて恥ずべき何ものもない」(「三菱のあゆみ」)と、小弥太は言い切った。

                   ◇

 明治6(1873)年、土佐藩の海運業を引き継いだ1人の武士、弥太郎を社主として誕生した「三菱商会」は、明治から昭和にかけての激動の時代を国とともに歩み、成長してきた。

 「三菱は、三井や住友などの財閥とは大きく違いました」と指摘するのは、三菱史アナリストの成田誠一さん(68)。「三井や住友は三菱よりも何百年も歴史が古く、江戸時代にはすでに確立されていた。三井家や住友家は資本家。実際に経営するのは優秀な大番頭。資本と経営が分離した、先進的な企業でした」

 一方、三菱は、一本気で妥協を許さない土佐の「いごっそう」、弥太郎が育てた上げた企業だ。「弥太郎は、幕末のどさくさで成り上がった武士です。弥太郎にとって理想の武士とは、戦場を駆け回る戦国武将。自分が先頭に立って、すべてを仕切りました」

 会社を設立した当初、弥太郎は幹部たちが自分の顔色をうかがいながら話し合うのを見て、「今後、自分がすべて判断する」と宣言した。しかし、3隻しか持たなかった小さな汽船会社の三菱が、海運界を制するまでには、国内外のライバルとの熾烈(しれつ)な競争があった。

 戦場に向かう武将さながらの弥太郎は、社員の士気を高めた。政府の保護を受け、国内最大だった日本国郵便蒸気船会社を「主宰統括する人物が凡庸」「船舶は概して腐朽に傾き、実用に適せざるもの多し」と切り捨て、「我が商会は社船少数なるも、いづれも堅牢(けんろう)快速」「実力を比較すれば最後の勝利は必ず我が手に」と鼓舞した(「岩崎彌太郎伝」)。

 明治7(1874)年、風向きが変わる。政府は台湾出兵に踏み切ったものの、輸送の頼みにしていた英米の汽船会社から中立を理由に協力を拒否された。日本国郵便蒸気船会社に運航を委託しようとするも、その間に三菱に客を奪われるのを懸念し、二の足を踏んでいた。

 最後にお鉢が回ってきたのが、三菱だった。台湾蕃地事務局長官、大隈重信は、弥太郎を呼んで協力を要請した。弥太郎の答えは、「国家有事の際、私利を顧みず公用を弁ずる」(「岩崎彌太郎伝」)。

 「弥太郎は武士の出だったために、常に国のことを考えていた」と成田さんは話す。「所期(しょき)奉公」という言葉が、三菱には伝わる。事業の目的は国家社会への貢献という意味だ。

 台湾出兵を機に、三菱は飛ぶ鳥を落とす勢いで拡大してゆく。海運業のみならず、鉱業、金融業など後の三菱の基礎となる事業が展開された。これに対し、三井など反三菱勢力が共同運輸を設立。三菱と激しいダンピング競争に突入していった。

 その最中、弥太郎は病に倒れ、明治18(1885)年に胃がんでこの世を去る。享年50。新時代を志した武士の、壮絶な戦死でもあった。

                   ◇

 「三菱は他の財閥と違い、“岩崎財閥”とは言わなかった。個人で所有するのではなく、国のため人々のためという考え方がある」と岩崎家本邸だった邸宅を管理する、都立旧岩崎邸庭園サービスセンター長、松井修一さん(58)。9カ所ある都立庭園のうち3カ所が弥太郎ゆかり。息子の久弥は、岩崎家が有していた六義(りくぎ)園や清澄庭園を開放するために寄付。現在は大勢の人々が訪れる憩いの場となっている。ここにも、弥太郎の志は生きている。

 戦いに明け暮れた弥太郎の唯一の趣味が、造園だった。土佐の生家には、大きな世界を志していた若き弥太郎が置いた庭の石が残されている。それは、日本列島をかたどったと伝えられている。(猪谷千香)

<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)
ぼや5時間に4件、京都で連続放火?(読売新聞)
<警部自殺>「パワハラが原因」遺族が提訴 横浜地裁(毎日新聞)
児童ポルノ、過去最悪=ネット利用の摘発が倍増−虐待も最多更新・警察庁(時事通信)
党首討論 政治とカネ問題に終始、内容乏しく 民主政権初(毎日新聞)

郵便不正「村木被告は冤罪」…部下の前任者証言(読売新聞)

 郵便不正事件に絡み、偽の障害者団体証明書を発行したとして虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の公判が16日、大阪地裁であった。

 共犯とされる元係長・上村勉被告(40)の前任だった村松義弘元係長(現・関東信越厚生局課長補佐)(48)が証人出廷し、村木被告が証明書発行を指示したことを否定し、「村木被告は冤罪(えんざい)だと思う」と述べた。

 検察側主張では、村松元係長は2004年2月頃、厚労省企画課長席で、村木被告に自称障害者団体「凛の会」元会長・倉沢邦夫被告(74)(公判中)を紹介され、「ちょっと大変な案件だけど、よろしくお願いします」と証明書発行を指示された、とされる。

 これに対し、村松元係長は「企画課長補佐から呼ばれ、倉沢被告とあいさつした」としたが、村木被告の言葉については「記憶にない。(調べに対し)自分の類推だった」と述べた。

 また、証明書発行について「課長補佐から『国会議員から課長のところにきた案件だ』と聞かされていた」とする供述調書についても「私の口からそんなことを言った覚えはない。そんなことはなかったと思う」と証言。上村被告に証明書発行の件を引き継ぐ際、「上の立場の人から降りてきた話」と伝えたとされることについても、「今の記憶では、はっきり覚えていない」とした。

 さらに、捜査段階の調べについて、村松元係長は「上村元係長が逮捕された直後に『自分は捕まらないですよね』と尋ねると、検事から『洗いざらい言ってくれないとわからないよ』と言われた」と述べ、村木被告の指示を認めた調書に署名したことについては、「細かい表現まで確認しないまましてしまった」と証言した。

<石巻2人刺殺>元交際相手が計画…無職少年、友人に漏らす(毎日新聞)
【ショートトラック】駆けろ「美馬」 名付けた祖父も応援(産経新聞)
鳩山首相 共産党の志位委員長と会談(毎日新聞)
<盗撮>NHK職員逮捕 「自分を抑えられなかった」(毎日新聞)
刷新相に仕分け人、反転攻勢の“カンフル剤”(読売新聞)

消費税論議、封印したことない=菅氏(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は16日の閣議後会見で、3月に消費税論議に着手する方針について、「民主党としても(与党)3党合意の中でも議論そのものを封印したことにはなっていない」と強調した。その上で、「税制調査会であらゆる税についての本格的な議論をそろそろ始めるべきということで申し上げた」と述べた。
 また、菅財務相は同日の衆院予算委員会で、消費税論議の開始で歳出削減の取り組みが緩むとの懸念については、「枝野幸男氏が行政刷新担当相に就任し(無駄削減の)体制も力強い形となったので、(消費税の)議論を始めても大丈夫だと判断した」と語った。国民新党の下地幹郎氏への答弁。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

<菅財務相>「消費税、3月から本格的に議論」(毎日新聞)
雑記帳 バンクーバー五輪「聖火丼」食べて応援(毎日新聞)
首相の無心「知らない」=記者会見で改めて説明−鳩山邦夫氏(時事通信)
<訃報>石井米雄さん80歳=京都大名誉教授(毎日新聞)
世界最高齢のユキヒョウ死ぬ=21歳9カ月−名古屋・東山動物園(時事通信)

98独立行政法人を原則廃止…行政刷新相(読売新聞)

 枝野行政刷新相は17日、読売新聞社などのインタビューに応じ、4月にも行う「事業仕分け」第2弾などを通じ、98ある独立行政法人を原則として廃止する方針を表明した。

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件については小沢氏が国会などの場でさらに説明責任を果たす必要があるとの考えを示した。

 この中で刷新相は独立行政法人について「ゼロベースで見直す。原則廃止という路線だ」と述べ、原則として法人を解散、民営化させるか、国が直接行う事業に移管する考えを示した。ただ、国立大学法人は存続させるほか、国が直接行うべきではないと判断した一部組織を、新たな形態の法人や独立行政法人として存続させることもあり得るとした。

枝野氏は法令解釈担当も=官房長官より適任−首相指示(時事通信)
「せきがうるさい」結核病棟で殺人未遂 容疑の男逮捕 大阪府警(産経新聞)
「衣類」の落とし物、過去最多=「傘」抜き品目別でトップ−東京(時事通信)
<火災>ケニア大使公邸が半焼 けが人はなし 東京・目黒(毎日新聞)
<囲碁>プロ13勝7敗に 阿含・桐山杯(毎日新聞)

「乗り方悪い」と自転車の男児転ばせる 容疑の男を逮捕 (産経新聞)

 自転車に乗る男児を転倒させてけがを負わせたとして、千葉県警印西署は12日、傷害容疑で、習志野市津田沼の会社員、岩下幹久容疑者(38)を逮捕した。付近では同様の被害が数件起きていることから、同署は余罪についても追及していく方針。

 同署によると、岩下容疑者は昨年10月30日午後4時半ごろ、印西市高花の「高花公園」で、自転車に乗っていた小学生の男児(9)の目の前に手を出して男児を転倒させ、男児の左肘に軽傷を負わせた疑いが持たれている。

 岩下容疑者はその後、数回に渡り男児が通う学校に「子供の自転車の乗り方が悪い」などと電話を入れていたという。

 同署の調べに対し、岩下容疑者は「(男児は)自分と接触して転倒した。その後、げんこつで一発殴った」などと供述。男児らの証言と微妙に食い違っていることから、同署は慎重に調べる。

【関連記事】
自転車で加害者に… 各種保険の「特約」で安心
虐待か? 長女への傷害容疑で継母を逮捕…兵庫 死亡との関連捜査
12メートルの杉、斜面転落して車を直撃 石川の男性軽傷
京都のフリースクール入所者虐待、元経営者が控訴
大阪の3キロ引きずり事件 3月2日に初公判

<外国人選挙権>8県議会が反対に転向(毎日新聞)
石川知裕議員 「不適切記載深く反省する」9日会見を訂正(毎日新聞)
人気漫画ネット違法投稿 出版社側は条件付き“共存”模索(産経新聞)
大学院教授を懲戒解雇へ=研究費流用、医学部長も処分−山口大(時事通信)
北教祖 日教組の牙城、突き上げ放題(産経新聞)

レストランのトイレで50歳教諭が盗撮(読売新聞)

 トイレで女性を盗撮したとして、三重県教委は10日付で、津市立成美小学校の男性教諭(50)(津市)を懲戒免職にしたと発表した。

 一方、県警松阪署は5日、教諭を軽犯罪法違反と建造物侵入の疑いで、津地検松阪支部に書類送検した。

 県教委の発表などによると、教諭は1月2日午後、多気町のレストランで、男女共用トイレの個室に隠れ、デジタルカメラで女性を盗撮した疑い。女性がカメラに気付いたため、教諭は逃げたが、女性の夫に取り押さえられた。教諭は同校で算数科の少人数授業を担当していた。

 県教委の聞き取りや同署の調べに対し、「2年半ほど前から複数回、盗撮した。自分で見て、楽しむためだった」と話しているという。

マータイさん 来日 広島で記念植樹、京都などで講演予定(毎日新聞)
石川議員、離党届提出=地元で会見−民主(時事通信)
普天間移設、受け入れに否定的=グアム知事(時事通信)
石川議員、民主離党へ…近く小沢氏と会談し判断(読売新聞)
「美しすぎる」藤川市議、参院選は「出ません」(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。